金属細工人ヴェルンドが復讐心を抱く



説明パネルには
 「邪悪で欲深いニーズズ王(邪悪)はヴェルンドを捕らえ、両脚の腱を切断し、無人島で贅沢な装身具を作るよう命令する。王はヴェルンドから腕輪を盗み、一人娘ベズヴィルドに与える。腕輪が二つに割れ、ベズヴィルドは秘密裏にヴェルンドのところへ行き、もう一度一つの腕輪にしてもらおうとする。王の二人の息子たちは金属細工人のもつあらゆる金(きん)に惹きつけられて島に行く。
 
ヴェルンドは少年たちの頭を切断し、彼らの頭蓋骨を銀で被い、酒盃として王に送る。彼らの歯からはベズヴィルドにブローチを作り、女王のためには彼らの眼玉を高価な石として装身具に嵌めこむ。最後に彼はベズヴィルドをレイプし、彼女はヴェルンドの子を妊娠する。」
   
とある。
 
 すさまじい話である。妻の帰りを待つヴェルンドが眠っているとき、ニーズス王(谷口氏のp97訳注ではスウェーデン王)の兵たちに手を縛られ足枷を嵌められて捕らえられ、王のもとへ連れていかれる。ヴェルンドを見た王妃は「眼が光る蛇にそっくり。彼の足の腱を切って」と家臣に命じて実行させた。そしてヴェルンドは孤島に送られ、王のために宝物を製造させられることになった。「ヴェルンドの歌」では、先に王子たちが宝を見にヴェルンドの島に来た。そして置いてあった長持の中の宝を覗き込もうとしたときヴェルンドに殺され、身体は説明文の通り、酒盃や装飾品に使われ王たちに送られた。この後来たベズヴィルドには麦酒を飲ませてレイプした。その後彼は、『奪われた水かきを取り戻した』として空中に飛び立った。そして王のところへ空中を馬に乗っていき、彼が腱を切られ島に幽閉されたことに対して行った復讐の内容を語り、空かなたへと飛び立っていった。」(「ヴェルンドの歌」[6]~[41])
 フリーズの右の足枷を嵌められている大人の男がヴェルンド、一番左のブローチを持つ女がベズヴィルド、後の二人は王子であろう。
 一つ前の、白鳥の乙女たちの話が、彼女たちがヴァルキューレとしてオーディンに仕えていることで、神話の基本ラインと関連しているにもかかわらず、ここの話は基本ラインと全く関係性が無いように思う。
 神話の話であり、また、復讐のためだとはいえ、殺人、死体損壊やレイプをしたという内容を首都の市役所の中庭に説明文として掲げていることについて、私は日本人の価値観と異なる、と思った。
        

ノルウェーオスロ市庁舎の北欧神話へ
全体のトップページへ