白鳥の乙女たち


説明パネルには
 「半分が神で半分が世俗的な、3ヴァルキューレ(戦いで死ぬ運命の勇士たちを選ぶ)が白鳥として飛んで来て、3人の美しい乙女、エルルーン、スヴァンフヴィート、アルヴィトに変じる。3人の兄弟たちが岸辺で彼女たちを見つけ、連れて行き、結婚する。金属細工人のヴェルンドはアルヴィトと結婚する。
 7年後、白鳥の乙女たちは再び出発する。ヴェルンドは、兄弟たちが彼女たちを探しに行くが、家で妻が戻るを待っている。」
   
とある。
 
 このパネルと次の「金属細工人ヴェルンドが復讐心を抱く」は『古エッダ』「ヴェルンドの歌」に詳しい。
 ヴァルキューレとは他の資料にも出てくるが、「オーディンが彼らをすべての戦につかわし、彼らは人々の死の色を見てとり、勝敗を決める・・。」(『ギュルヴィたぶらかし』36) さらに、オーディンの館ヴァルハラでヴァルキューレは「戦死者に麦酒を運ぶ」(『同』)。ヴァルハラにはこうして432,000人の戦士が神々のために最終戦に備えている。(『古エッダ』「グリームニルの歌」[23])
 「ヴェルンドの歌」[3]では「彼女らは7年・・とどまったが、8年目にはみな懐郷の念がつのり、9年目には矢も楯もたまらず別れを告げ、乙女らは去った。」となっている。
  


ノルウェーオスロ市庁舎の北欧神話へ
全体のトップページへ