16枚のフリーズの構成

 
 展示されているパネルは16枚で、当然、膨大な内容の神話の一部のみ示すものである。それぞ
れの説明パネルの英文タイトルを訳したものを使って、私なりに16枚をグループ分けすると次の3
つとなる。
 なお、説明パネルの英文は時制を全部現在形で書いているので、訳もそれに従って現在形で記す。

①世界と人間の創造、主な世界と神々の様子、主神オーディンの子のバルドルの死のいきさつ、そ
  して神々と敵との最終戦、といういわゆる神話の基本ラインを描いたもの。ここに属すのは以
  下の12枚と多い。特に世界の中心樹「ユグドラシル」関連がそのうち4枚も占めている。 (下
  の「ニーズヘグ」から
運命の女神たち」まで)。
  
  ○「スレイプニルに騎乗するオーディン」
  ○「トールは山羊たちの車で運ばれる」
  ○「ニーズヘグ」
  ○ 「ユグドラシルにいる鷲」
  ○「ユグドラシルを食う鹿たち」
  ○「運命の女神たちがユグドラシルに灌水する」

  ○「アスク」
  ○「エムブラ」
  ○「フリッグ」
  ○「バルドルの死」
  ○「神々の黄昏についての予告」
  ○「ヴィーザルが狼フェンリルを征服する」
②基本の話からは少し離れるが、主神の1神フレイが巨人の娘に一目惚れし、召使のスキールニルを
  遣ってプロポーズする内容。フレイがスキールニルに代償として剣を与えたため、彼は最終戦を
 鹿の角で戦わざるを得なくなり敗死する、ということで基本線とつながる。
 以下の2枚。
  ○「フレイとゲルズが会う」
  ○「フレイとスキールニル」

③さらに基本線から離れたものが第3グループ。オーディンが最終戦に備えて、地上の戦いで死んだ
 勇士たちを神の国で鍛えて戦力とするため、彼らを選ぶ「ヴァルキューレ」という乙女たちがいる。
 彼女たちの一部が3羽の白鳥となってフィン王の子の人間ヴェルンドらと結婚してから去る話と、その
 後ヴェルンドがスウェーデン王や妃から受けた屈辱に対し復讐するという話を描いたもの。以下の2枚。
  ○「白鳥の乙女たち」
  ○「金属細工人ヴェルンドが復讐心を抱く」