ヴィーザルが狼フェンリルを征服する


説明パネルには
 「ヴィーザル(静かな神)は、オーディンの子で、フェンリル狼を征服することで、全神族の復讐を果たす。彼は、靴の修繕のとき切り落とされたつま先とかかとの皮を集めて作った驚くべき靴を履いている。ヴィーザルは足を狼の下顎に入れ、手で上顎を掴む。狼は噛み切ることができなくなり、ヴィーザルは狼の心臓に剣を突き刺す。」
とある。

 ヴィーザルが「無口」だということは『ギュルヴィたぶらかし』29に書かれている。オーディンの子であるのは『古エッダ』「ロキの口論」(p80)や「グリームニルの歌」[17]。後者にはヴィーザルによるオーディンの復讐の予告もあり、同趣旨は「巫女の予言」[53]、「ヴァフズルーズニルの歌」[53]。この狼を倒す戦いも最終戦の中のことであるが、『ギュルヴィたぶらかし』51が詳しい。「狼の上顎をおさえ、その口を引き裂いたので、それが狼の命取りになる。」(p276)とある
 神々と古い世界が崩壊した後、新たな太陽の下で、新しい緑豊かな大地が海中から浮上し、アースガルズに替わる神々の場もできるが、ヴィーザルは最終戦では死なず、甦ったバルドルなど他の神々とそこで生きる(『ギュルヴイたぶらかし』53)。