神々の黄昏についての予告


説明パネルには
 「恐ろしい犬ガルムが地下の世界(死者の国)への入口を守っている。そして古い世界のラグナレク(至高権力の運命。神々の黄昏)、崩壊を予告している。3羽の鶏が鳴き、起ころうとしている戦いについて予告している。それらはアース神のところでオーディンの戦士たちを目覚めさす金色の鶏冠のグリンカムビ、地下世界の煤で赤茶けた鶏、巨人世界の赤い鶏フィアラルである。大勢の神々、巨人たち、悪者たちが戦場ヴィーグリーズ(世界で最も広い)またはオースコープニル(まだ創造されていないものの一つ)を満たすであろう。太陽は消滅させられ、狼フェンリルはオーディンを貪り食い、トールとフレイは戦いで死ぬであろう。」
とある。

 このいわば世界最終戦については、『古エッダ』「巫女の予言」[41]~[58]、「ヴァフズルーズニルの歌」[18] [46][52][53]、「ファーブニルの歌」[14][15]、そして『ギュルヴィたぶらかし』51で述べられている。
 犬ガルムは鳴いた後自由の身になり、ラグナレクの戦いに神々の敵として参戦する。フリーズの真ん中で上を向いて鳴いているのがガルムであろう。
 3羽の鶏たちはフリーズに描かれている。
 狼フェンリルは、『ギュルヴィたぶらかし』34によると、悪神ロキが巨人の女との間に生んだ3兄弟の長兄。ちなみに次が大蛇ミズガルズ、末妹が例のヘルだった。神々は彼らが後の脅威になるとして、ヘルを死者の世界の女王にして送り、大蛇はすべての国々をとりまく大洋に投げ込んだ。そしてフェンリルは足枷を嵌められ縛られ、口の中につッかい棒として剣を入れられた。ラグナレクではこの恨みを晴らすべく主神オーディンを呑みこみ殺した。
 この他の巨人たちから生まれた他の狼が、太陽を飲みこみ、さらに他の狼が月につかみかかり大損害を与える。フリーズの右下、左下にあるのが太陽と月であろう。どちらが太陽でどちらが月かはわからない。
 大蛇もラグナレクに参戦し、トールに討たれるが、毒を吹きかけたため、トールも死に、相打ちとなる。
 このラグナレクに南方のムスペルスヘイムから火に包まれた者たちがやってきていて、その国境警備についていたスルトという者と神フレイが戦うが、フレイは巨人の娘ゲルズにプロポーズするため、下男のスキーニルを使いにやったとき報酬として剣を与えてしまっていたため、鹿の角で戦わざるを得ず、結局敗死する。このフレイとゲルズのいきさつは後述する
 こうして神々がほぼ全滅する中で、天は裂け、ムスペルスヘイムの者たちが火を放ち、全世界が焼けて、陸地は海中に沈み、ほとんどの神々と古い世界は崩壊した