Goverment of the people, by the people, for the people


 リンカーン大統領の“Government of the people, by the people, for the people”
(人民の人民による人民のための政治)の言葉は、南北戦争最大の激戦、ゲティスバー
グの戦いの後、1863年11月、戦死者を葬る国立墓地の献呈式の際の短いスピーチの
中であった。民主主義の本質を端的に示す名言である。

 前々からUSAに行ったら、このリンカーンがスピーチした場所に行き、僭越ながら
私もそこに立ち、このフレーズを言ってみたいという夢があった。グレイライン社の催
行する、ゲティスバーグへのバス観光ツアーがあり、毎週1回月曜日にやっていたの
に参加することにした。ワシントン発のほぼ一日がかりのツアーであった。

 ツアーには、約30人が参加していた。ドライバーがガイドも兼ねていた。初めに出身
地を一人ずつ言わされたが、ほとんどの人がUSAの地方から来た人々で、外国から
来たのは日本人は私一人、あとオーストラリアからカップルが参加していた。

 ガイドは熱心に説明してくれた。ゲティスバーグに着いてからは現地の別のガイドが
乗り込んできて、戦場で2カ所降ろして説明してくれた。ただ、如何せん私の英語力の
無さと、ゲティスバーグの戦い自体への勉強不足で、正直つい最近まで何のためどこ
に降ろされたのかさえわからなかった。現地で撮った写真を頼りに少し勉強し、やっと
戦場のどこを何のため見学したか理解できてきた、というお粗末。

 リンカーンのスピーチの場所は幸いわかり、夢は叶った。

 このページは、ゲティスバーグの戦場跡と、リンカーンのスピーチ(リンカーンズ・アド
レス)の場所を訪問した記録である。


なお、流れている曲は「リパブリック賛歌」という
北軍の行進曲である。

 Gettysburgへの道
 ★リンカーンに一瞬なる。“Government of ・・・”



USAのトップページに戻る


全体のトップページに戻る