トールは山羊たちの車で運ばれる

 

 
説明パネルには
 オーディンに次いで、トールが最も有名な神である。彼は力の強い神で、巨人たちとしばしば戦う。彼が操縦する戦車は2頭の山羊タングニョーストとタングリスニルによって引かれている。トールは3つのたいへん価値ある宝を持っている。いつも投げられると相手を撃ち、また自分の意志で戻って来る槌ミョルニル、鉄製の素晴らしい手袋、彼の力を強めるベルトである。
 小さな農園が荒れた空の下に広がっている。トールが車に乗って空を横切り、槌を撃つと雷鳴がとどろき、稲光が起きる。そして嵐が収まり晴れ渡るとトールの美しい館、ビルスキールニル(晴天)が現れる。
とある。フリーズのトールは手に槌(ハンマー)を持っている。
 
 トールは主神オーディンの子の一人である。『古エッダ』「ハールバルズの歌」[9]で「オーディンの子」と名乗り、多くの巨人たちを殺したと書かれている。さらに「オーディン」の項でふれたように、砦を作ろうとした巨人も殺し、また「スリュムの歌」には、巨人の王スリュムに盗まれたミョルニルを取り戻すため、「フレイヤを嫁に寄越せば返してやる」と言うので、スリュムの国に自ら花嫁衣裳を着てフレイヤに化けて行き、そこで王をはじめ居合わせた巨人たちを残さず撃ち殺し、ミョルニルを奪回した、と詳述されている。 
 2頭の山羊と車、3つの宝については『ギュルヴィたぶらかし』の21にある
 ビルスキールニルについては、『古エッダ』「」グリームニルの歌」[24]や『ギュルヴィたぶらかし』の21で「540の部屋がある」と記されている
 残念ながら、私が『古エッダ』と『ギュルヴィたぶらかし』を読んだ範囲では、トールが雷を起こすことについては触れられていない。