フレイとスキールニル


説明パネルには
 「フレイは家の召使スキールニルにゲルズへの強い恋心を打ち明け、ヨーツンヘイムまで行き、彼の代理として求婚してくるよう頼む。スキールニルは一つの条件でそれを行う。フレイの魔法の剣---自らの意志で戦うことができる---をもらい、危険な道中、身に付けていくことである。ゲルズはあらゆる魅力的な贈り物での請け合いを拒む。しかし、スキールニルが魔法を用い、ルーン文字を刻むと脅すと、ゲルズは屈服し、フレイと『9夜したらバリの森で』会うことを強いられる。」
   
とある。
 
 ここも、『古エッダ』「スキールニルの旅」や『ギュルヴィたぶらかし』37に詳しく述べられている。スキールニルは求婚の使いに行く代償として、フレイの持っていた「一人で巨人と戦うことができる剣」(「スキールニルの旅」[8])を所望し、フレイは応じた。フレイはこうして剣を失くし、最終戦では牡鹿の角で戦うことになる。
 フリーズで馬に乗って行こうとしているのがスキールニルで剣も帯びている。右がフレイ
 ゲルズと会ったスキールニルは、最初りんご(食べると若返るりんご「スキールニルの旅」訳注9)やオーディンの腕輪などの贈り物で許諾を得ようとしたが断られる。次いで、彼は言うことを聞かないと「剣で首をはねる」と脅しだし、「永遠に人の子の眼にふれないところに行かなければならない」、「食べ物が嫌いになるようにする」、「頭の三つある巨人と結婚させ、地下の死者の国に伴わせ、牡山羊の尿を飲ませる」などと脅迫をエスカレートさせ、「木や骨に病気になるような呪いの文字や『肉欲』『狂気』『不安』の文字を彫る」という最終的脅しを行う。
 なお、「ルーン文字」とは、「ゲルマン人がゲルマン諸語の表記に用いた古い文字体系であり、・・ラテン文字に取って代わられて使用されなくなったが、スカンディナビアでは中世後期まで用いられた」ものである。(Wikipedia「ルーン文字」より) 
 ついに彼女は恐怖にかられてフレイとの結婚を認める。ゲルズは「9夜たったらバリという静かな森でフレイと会い結婚する」と約した。
 話の順番として、こちらは前の「フレイがゲルズに会う」の途中に入る。
  




ノルウェーオスロ市庁舎の北欧神話へ
全体のトップページへ