バルドルの死


  説明パネルには
 「巨人たちは神々と常に戦っている。ロキは巨人の血統だが、オーディンの義兄弟である。彼は邪悪でずる賢く、神バルドルの死を間接的にもたらす1神である。他の神々は、何もバルドルを傷つけなくて安全だと信じて、楽しんでバルドルに向かって射かける。バルドルの異母兄弟で目が不自由だが強いヘズは、ロキに『バルドルに同じ敬意を示そう』と欺かれる。ロキはヘズに宿り木でできた矢を渡し、バルドルを狙うよう助ける。こうしてヘズは兄弟の殺し屋となった。」とある。
 ロキは、『ギュルヴィたぶらかし』33で、「巨人ファールバウティの息子」「容貌は美しいのだが、性質はひねくれていて、・・悪知恵にかけては誰にもひけをとらず、何事にもずるい手だてを心得ていた。」と描写されている(p248)。『古エッダ』「ロキの口論」[9]で、「オーディン、・・昔、おれたち二人が血をまぜた・・。」(p81)とある。これは、谷口幸男氏の訳注(2)によると、「古代の風習で、友が互いに血盟を誓うとき、傷つけた傷口から流れる血をその足跡に流し込んだ。」(p87)という意味だそうで、これがパネルでは「義兄弟」とされている。
 ヘズがバルドルを射ることは『古エッダ』「巫女の予言」[32]と「バルドル」[9]にあり、ロキがヘズを唆すことは『ギュルヴィたぶらかし』49に詳しい。このフリーズで、矢を射ているのがヘズで、その後ろにいるのがロキであろう。
  この後、バルドルの弟ヴァーリがヘズに復讐する(「バルドルの夢」[11])。バルドルの死体は荼毘にふされる。バルドルの他の兄弟ヘルモーズはフリッグの要請で死者の世界ニヴルヘルに行き、バルドルを返してくれるよう頼む。ニヴルヘルの女王ヘルが「もし世界中のものがバルドルのために泣くなら戻す。」と応えたので、神々は四方八方に使者を送り、人間から石や木まであらゆるものに泣いてもらう。しかし、ある洞窟にいた女巨人だけが拒んだため、バルドルは蘇らなかった。この巨人は実はロキが化けたものだった。怒った神々はロキとその子たちを捕らえ、兄を狼に変え、弟を引き裂かせた。そして、その死体から腸を取り出してロキを岩に縛りつけ、毒がロキの顔に滴るようにロキの頭上に毒蛇を置いた(この世の地震は、毒が滴るとロキがもがくので大地が震えて起きるとされる)(以上のことは、『ギュルヴィたぶらかし』49、50にリアルに描かれている)