運命の女神たちがユグドラシルに灌水する


説明パネルには
 「ウルズ(過去)、ヴェルザンディ(現在)、スクルド(未来)は力強い運命の3女神である。彼女たちは、ユグドラシルの一つの根が至っているウルズの泉の傍に住んでいる。神々は裁きの庭へ行く途中、ここでビフレスト(天と地を結ぶ橋。虹の橋)を馬で越えていく。女神たちは世界樹ユグドラシルの葉に、毎日泉の水のしぶきを注いでいる。ここから谷間に落ちる露が来る。そしてこれが神聖な樹がウルズの泉の上で常緑である理由だ。
とある。

  運命の女神たちについては、『古エッダ』「巫女の予言」[20]に「・・樹の下にある※海から3人の物識り娘たちがやってくる。・・女たちは、人の子らに、運命を定め、人生をとり決め、運命を告げる。」と記され、『ギュルヴィたぶらかし』15には、「とねりこの下の泉のそばには美しい館があって、その館の中から・・3人の娘たちが出てくる。この娘たちが人間の寿命を決めるのだが、・・運命の女神(ノルニル)と言われている。このほかにまだ多くのノルニルがいて、人が生まれると必ずそこへ寿命を決めに行く。」(p237)と述べられている。3人の名前の意味については、谷口幸男氏は、ウルズを「運命」「宿命」「死」、ヴェルザンディを「生成するもの」、スクルドを「税」「債務」「義務」と解説している(p19訳注89、90、92)。
 神々がビフレストを渡ることは、『ギュルヴィたぶらかし』15にある。
 女神たちが灌水していることは、『ギュルヴィたぶらかし』16に書かれ、そこから露が生じ、谷に下りること、樹が常緑であることは、同部分と『古エッダ』「巫女の予言」[19]にある
  ※海ではなく、「館」とする説もあるとのこと(p19注88)
 
 



ノルウェーオスロ市庁舎の北欧神話へ
全体のトップページへ