アスク



説明パネルには
 「オーディン、ヘーニル、ローズルの3神が外を歩きまわっている。彼らは海岸で『運命を知らない』2本の木を見つける。能力を与える神々によって、それらは運命を与えられる。オーディンはそれらに魂を、ヘーニルは生命力を、ローズルは血と外見を与える。アスク(とねりこ)とエムブラ(楡にれ)は、創造の神話を通じて最初の二人の人間として踏み出す。」
とある。

 この人間創成の話は、『古エッダ』「巫女の予言」[17][18[と、『ギュルヴィたぶらかし』9にある。「巫女の予言」では3神の名が説明パネルのように記され、「オーディンは息を与え、ヘーニルは心を与え、ローズルは生命の暖かさと良い姿を与えた。」としている。『ギュルヴィたぶらかし』では「ボルの息子たち」とされ3神が兄弟だと述べられているが、彼らの名はオーディン、ヴィリ、ヴェーとなっている(『同』6)。また、どの神が何を木に与えたかは書かれていないが、「最初の神が息と生命を与え、二番目の神が知恵と運動を、三番目の神が顔とことばと耳と眼を与えた。男はアスク、女はエムブラといい、この二人から、ミズガルズに住む場所を与えられている人類が生まれた・・。」とされている(『同』9)
 谷口幸男氏の訳注によれば、アスクはとねりこ、エムブラは「樹の名らしいが未詳。ななかまど?」(p19)