2001年9月11日


 2001年9月11日、USAの歴史上、一つの大きな意味を持つ事件が起きた。USA国内で4機の航空機がハイジャックされた上、そのうち2機がニューヨーク・マンハッタンの貿易センタービルの2棟(当時高さUSA1位)にそれぞれ激突させられ、2棟のビルを崩壊させた。また、他の1機はワシントンのペンタゴン(国防総省ビル)にぶつけられ、残りの1機はどこかにぶつける予定が、乗客らともみ合いになり墜落したとされている。いわゆる「同時多発テロ」である。犠牲者は3000人を越えるといわれている。
 ブッシュ大統領らUSA国家は中東を拠点に活動する、オサマ・ビンラーディンをリーダーとするテロ集団アルカイダの犯行だ。」としてアメリカ軍をビンラーディンのいると思われるアフガニスタンに派遣、それを擁護していたタリバン政権を打倒し、ビンラーディンを殺害した。
 これに以降、世界のいくつかがテロに見舞われ、緊張の常態となり、日本もテロ対策特別措置法により、自衛隊をインド洋に派遣し、アメリカ軍への支援を行うに至るなど、大きな歴史のターニングポイントとなったのであった。
 テロに遭った貿易センタービルの跡地は「グラウンド・ゼロ」と呼ばれるようになり、現在新たなビルを建築中である。金網で仕切られ、内部に入ることはできない。また、その金網の東側には、テロの経過を詳しく説明したパネルが掛けられている。多くの人々がここを訪れていた。
 
  

 

 9月11日が6:32日の出だった。
 7:59 ボストン空港をアメリカン航空11便がロサンゼルスに向かって飛び立った。
 8:14 ボストン空港をユナイテッド航空175便がロサンゼルスに向かって飛び立った。
 8:20 ワシントン・ダレス空港をアメリカン航空77便がロサンゼルスに向かって飛び立った。
 8:39 アメリカン航空11便が航空管制に従わなくなって2機のF16戦闘機が出撃した。
 8:42ニューアーク(ニューヨーク近辺)空港をユナイテッド航空93便がサンフランシスコに向かって飛び立った。


 

8:46アメリカン航空11便が貿易センタービルの北側のビルの北面94階から98階に衝突させられた。
8:52ニューヨークとニュージャージー当局が、貿易センターの人々に避難命令を出した。
8:58ニューヨーク市警察が最も危険な状態を示す「レベル4」を宣言した。
9:03ユナイテッド航空175便が貿易センタービルの南側のビルの南面78階から84階に衝突させられた。
9:17ニューヨークの空港が閉鎖された。
9:21ニューヨークのトンネルと橋がすべて閉鎖された。
9:32ニューヨーク株式取引所が閉鎖された。

  

9:37アメリカン航空77便がワシントンのペンタゴン(国防総省)に衝突させられる。
9:42USAのすべての航空業務が停止された(USA史上初)。
9:48ホワイトハウスが避難した。
9:59貿易センタービルの南側ビルが10秒で崩壊した。
10:03ユナイテッド航空93便がペンシルベニア州上空で崩壊した。
10:28貿易センタービルの北側ビルが崩壊した。



アメリカ史断片へ

USAトップページへ

全体のトップページへ