国宝第1号。昼と夜の南大門


 ソウルがかつて朝鮮王朝の首都漢城だったとき、東西南北に門があった。現在はそのうち東大門とこの南大門の二つだけ残っている。国宝第1号の名誉を担っている。昼は扮装した衛兵がいるし、夜はライトアップして美しい。

車内から撮ったので余計な光が入ってお見苦しい。




大長今に惹かれて朝鮮王朝へに戻る

朝鮮王朝・百済新羅・イムジン川の案内ページに戻る


全体のホームページへ