はじめに-----西安への思い


 私は世界史の教員ではありません。日本史の教員です。中国の歴史については詳しくは知りません。
 しかし、日本古代史を理解しようとするとき、弥生時代を生んだ大陸からの渡来人について、そのもたらした金属器などの文明が、広く言えば現在の西安を都としていた秦や漢の文化の影響を強く受けたものであったことを知らないといけません。また、7世紀に西安を都とした国に遣唐使をおくり、天皇中心の中央集権国家、すなわち律令国家体制をかの国に学んで作ったこと、奈良、京都の都が唐の都長安を模したものだったことも知っておくべきでしょう。さらに、弘法大師空海が遣唐使とともに海を渡り、当時唐にあった真言宗を学んで帰り日本で布教したことも重要です。
 当時の中国のそれぞれの王朝は、どれをとっても当時の日本より文化が高く、特に663年の白村江の戦いの唐への敗北は、改めて唐のパワーを実感したことだったでしょう。唐の日本侵攻の危機の中で、「敵」に学んで律令国家を形成したことは、その後の日本史の中で、日本の一つのあり方を示しています。
 明治の日本が欧米文明吸収により列強に伍する新国家を作ったこと、15年戦争の敗戦後、アメリカに学び新生日本となったことと、それは共通のものがあったと思います。
 さらに言えば、その15年戦争の一つの転回点となった、中国国民党と中国共産党との抗日戦線統一がこの西安での1936年の事件によりなされたのも何かの因縁でしょうか?

 このように、西安とそこを都とした国家は、日本史に大きな影響を与えてきました。ぜひ一度この目で西安やその歴史を見てみたい、と強く思い続けてきました。やっと2009年3月末に願いが叶いました。
 このホームページは、主に秦、漢、唐の西安について私なりに見て、学んで得たもの、そして西安事件の現場や現在の西安とその周辺の陝西省(せんせいしょう)について印象に残ったことをレポートするものです。
 なお、私のプランニングをほぼ全部アレンジしてくれた中国金橋国際旅行社西安支社の (ゲイ)様、またこの旅行に同行してくれた同社の李さんとドライバーの方に心より感謝いたします。

  

西安市と咸陽市との間の高速道路料金所にある、「周・秦・漢・唐」の都「西安へようこそ」の表示


目次へ      トップページへ