永遠の色彩のシンフォニー  〜ラヴェンナのモザイク




 モザイクとは、知られているように、石、タイル、ガラスの断片などを漆喰などの上からはめ込み、建物の壁や床などを装飾したものである。石、ガラスの色が半永久的に褪せないため「永遠の色彩の絵画」とか、美しさから「色彩のシンフォニー」(ダンテ)などと呼ばれた。
 すでに古代メソポタミアや古代ギリシャ、ローマ帝国などで出現していた。そしてラヴェンナというところで芸術的発展の極致を見せた。
 北イタリアのラヴェンナは、河口の港としての立地から、395年に東西に分割されたローマ帝国の一つ、西ローマ帝国により402年新たな首都とされたたところであった。そして、以後激動の時代を迎える。
 西ローマ帝国首都の時は、ガラ・プラチディアという女性が摂政政治を行って最後の繁栄を謳歌する。しかし、467年には、ゲルマン民族の一つスキラエ族の傭兵隊長オドアケルが西ローマ帝国を滅ぼし、ラヴェンナを支配した。そして、このオドアケルを、東ローマ帝国からの命令を受けた東ゴート族(ゲルマン民族)のテオドリックが493年に殺し、数十年の繁栄をなす。しかし、東ローマ皇帝ユスティアヌスにより、東ゴート王国も540年に滅ぼされて東ローマ帝国の領土となり、その総督がおかれた。
 この間、モザイクの発展として、ガラスが材料の中心となったこと、そして特に金箔を薄いガラスと厚いガラスの間に挟んで作る金色のガラスを使うようになった。
 ラヴェンナのモザイクも歴史の変遷を経ているが、まず西ローマ帝国期の「ガラ・プラチディアの霊廟」のものがある


ガラ・プラチディアの霊廟。プラチディア自身が埋葬されたかは定かではない。


入口の扉の上にある「よき羊飼い」(イエスのこと)のモザイク


クーポラ(丸屋根)の十字架像と福音書を書いたマルコ(右のライオン)とヨハネ(鷲)の像



  東ゴート王国のころに作製され始めたが、王国滅亡により、東ローマ帝国の支配下で修正され完成したものに、サンタポッリナーレ・ヌオーヴォ聖堂がある。「新聖アッポリナーレ聖堂」という意味で、初代ラヴェンナ司教のアポッリナーレの遺体を納めた聖堂である。


中央広間。この両側面にモザイクがある。

右側面には、東ゴート王テオドリクスの宮殿から、殉教者たちがイエスに冠を捧げに行く様子が描かれている。

宮殿の柱のいくつかには、元は人物が描かれていたが、東ローマにより消され、手だけ残った跡がある。東ゴートは、イエスの神性を認めない異端とされた「アリウス派」だったので、「正統派」からは認められない「アリウス派」の人々の像が消されたと言われる。


イエスに向かう殉教者たち



 左側側面には、ラヴェンナの港町から冠を持ち、マリアと幼児イエスに向かう聖女たちの行進が描かれている。

見ていると、外光が当たってきて、モザイクが煌めいた。


行列の先頭でマリアと幼児イエスに贈り物を捧げる東方三博士




 東ローマ帝国統治時代の典型的なモザイクは、548年に完成したサン・ヴィターレ聖堂のものである。聖堂は、八角形のクーポラを中心に、後陣部分からも丸や四角の建物が突き出ている典型的なビザンチン(東ローマ)の建築である。
 聖ヴィターレとは、聖ウィタリスともいい、ローマの士官だったが、紀元54年、ラヴェンナで立ッた姿勢のまま生き埋めにされ殉教した。その殉教の場所に聖ヴィターレ教会が建てられた。(ヤコブス・デ・ウォラギネ著 前田敬作・山口裕訳『黄金伝説2』平凡社p119〜123)


この写真左側の後陣のところに有名なモザイクがある。

後陣半円ドーム部には青い天球に乗るイエスと両脇の天使たちが描かれ、イエスは向かって左端の聖ヴィターレに殉教をたたえる冠を与えている。右端はこの聖堂の擁護者エクレシオ司教で、イエスにこの聖堂を捧げている。 


 半円ドームの下には、上のモザイクに向かって左に有名なユスティアヌス帝を描いたモザイク、右にテオドラ妃を描いたモザイクがある。ユスティアヌスは、かつてのローマ帝国の領域に迫るくらい東ローマ帝国を拡大した強力な指導者であったが、ラヴェンナに来たことはなかった。テオドラ妃も来たことはなかった。大司教マクシミアヌスが、皇帝への忠誠を示すものとしてここにユスティアヌス夫妻を描いたと言われる。


中央でパンやワインを載せる聖体皿を持つのがユスティアヌス。神にのみ許される光輪を付けている。一人おいて十字架を持つのがマクシミアヌス。



后妃テオドラ。踊り子だった時、ユスティアヌスに見染められたという。ユスティアヌスが反乱に遭い逃げようとしたのを諌めたという。杯を持ち、泉から水を汲み神に捧げようとしている。


テオドラは、真珠をちりばめた冠をかぶっている。




北部・中部イタリアスケッチへ

「花の都の万能人を訪ねて」へ
全体のホームページへ